漫画の性表現を規制した韓国で、性犯罪とは無縁の若者や女性が大勢逮捕される事態に

漫画などの性描写に法の網をかけ、違反した作品の販売や所持まで処罰しようとする動きが依然として燻っていますが、数年前に同様の規制を導入した韓国では、案の定、甚大な人権侵害が発生しました。
 

  
高麗大学の朴景信教授によると、多くの女性が捜査対象になったとの事(後述)。我が国でこんな馬鹿げた規制を導入すれば、刑務所が幾つあっても足りない事態になるのは確実。
   

1年で2200人あまりが逮捕された苛烈すぎる韓国の「非実在児童ポルノ規制の現状……山田太郎参議院議員が市民集会で報告
(おたぽる、2015年12月2日)
http://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20151202/Otapol_201512_12200.html

山田太郎氏は先日の韓国訪問を踏まえて、マンガ・アニメ・ゲームの規制について解説。2011年から始まった仮想物を含めて「児童ポルノ」を取り締まるアチョン法によって2,200人あまりが逮捕されていることを説明。現在、最高裁では取り締まり範囲を制限する判決を下したが、憲法裁判所が仮想物の規制について合憲判決を下し、国会でも創作物規制の条項を廃止する法案は廃案となっている現状に憂慮を示した。
 
アチョン法では、創作物を含めて「児童ポルノ」製造などに無期または5年以上の懲役、10年間の就業制限(子どもに関わる職業のほか、子どもが集まる場所へ近寄ることも禁止)、20年間の政府への身元登録など重罰が定められている。
 
さらに、山田氏が会談した「表現の自由」を訴える韓国の国会議員によれば、こうした苛烈な表現規制の背景として朴槿恵大統領は、就任以前から表現規制に熱心だった」との発言もあったという。

 
以下、韓国人による現状説明とコメント。漫画家や読者が日本に“亡命”するケースも出ている模様。
 

The World of ‘Minority Report’ Lived in South Korea
朴景信氏(高麗大学教授/大韓民国放送通信審議委員)
http://www.jfsribbon.org/2013/07/the-world-of-minority-report-lived-in_31.html

日本で製作され、韓国でも広く見られているポルノの多くは、大人の俳優やアニメのキャラクターが未成年者と設定されて登場する。あるいはプロットはそうなっていないのに、韓国警察の目にだけは、登場人物が未成年に見えるようだ。

2012年に、韓国警察が児童性犯罪に関連して捜査に着手した事件は、全部で2224件ある。その前年(漫画規制が盛り込まれる以前)に比べて22倍に増えている。件数も驚きだが、捜査対象者の相当数が女性という点が、より驚くべきである。

子供時代にレイプ被害にあったある女性は、最近のテレビ番組で、「私の経験では、子供に対する性暴行事件を起こすのはポルノではない。ポルノの有無にかかわらず、そのような嗜好を持った人物がそのような犯罪を行う。当局は、インターネットを監視してばかりいるのをやめて、外に出て本物の犯罪者を捕まえるべきだ」と述べた。実在児童と非実在児童に同じように適用される法律条項のために、出世の点数が目的の警察官たちは、実際の犯罪を減らすことに貢献するよりも、サイバー世界で道草をしているのだ。

有罪判決を受けた人々は、20年間居住地を警察に登録しなければならないし、児童·青少年関連機関等への就職も10年間制限するという罰則が与えられる。これは、実際の子供を誘惑してカメラの前に立たせてポルノを撮影した犯罪者の量刑と同じものであり、19歳以上に見えるアニメのキャラクターや俳優を登場させて製造した一般的な猥褻物を流布する犯罪の処罰よりも、はるかに厳しいものとなっている。

 
韓国においても日本と同様に宗教的背景を持った規制推進派が熱心に活動しているようです*1。何といっても、同国は純潔カルト・統一協会(教会)の本場ですからね。
 

  
参考資料。昨年、内閣府が韓国の表現規制政策についての調査結果を公表しました。この資料によると1990年代から規制強化が繰り返されてきたようです。
 

フランス・韓国における有害環境への法規制及び非行防止対策等に関する実態調査研究
内閣府、2015年2月)
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/hikou/h26/index.html

韓国の青少年保護に関する主な法律は、1997年制定され有害環境環境から青少年を保護し、青少年が正しく、健全な成長を目的とする「青少年保護法」と、児童ポルノ法の「児童・青少年の性保護に関する法律」であり、両法律とも女性家族部が主管している。青少年保護法では、有害な有害薬物と有害媒体物が青少年に流通することを遮断し、有害な店舗への青少年の出入を規制している。

  
こうした政策が韓国ゲーム業界を衰退させた要因として挙げられています。「そりゃそうだ」としか言いようがありません。
 

韓国ゲーム業界が崩壊寸前!規制強化でゲーム会社の3割が“退場”「中国に追い越される状態になった」
産経新聞、2015年10月30日)
http://www.sankei.com/economy/news/151029/ecn1510290027-n1.html

 
ところで、深刻化しているという韓国の性犯罪問題表現規制によって改善されたのでしょうか?私はそんなデータをひとつも見た事がありませんが。
 

*2

国家主導で映画をレーティングする韓国、増える少年犯罪が要因か
(日刊サイゾー、2015年5月6日)
http://news.livedoor.com/article/detail/10083237/

制度的に見て、レーティングの区分も日本と同じだ。ただ、映倫が国家に規制をされないために自主的に設立・運営しているのに対し、韓国の映像物等級委員会は“映画及びビデオ物の振興に関する法律”第71条にのっとって審査を行い、運営費は国庫から捻出されている。要するに、韓国では国家的に映画を取り締まっているということになる。韓国がそこまで映画のレーティングに躍起となる理由のひとつは、増え続ける少年犯罪にあると考えられる。韓国の国家行政機関である大検察庁の2012年度の犯罪分析資料によると、当時の全犯罪者約211万人中、約10万人が未成年者だった。未成年の犯罪が年々増加を続け、低年齢化の傾向もあるという。

  
ちなみに韓国政府は映画業界に対しても圧力を加えている最中です。
   

 
個人的にリュ・スンワン監督などのハードコアな韓国製バイオレンス映画を好んでよく観るので、映画表現にまで悪影響が及ばないように祈っています。それだけは本当に勘弁して欲しい。
  
このように脛に傷がある奴らが、善人面して健全育成だ何だと叫び、表現規制を推進するのは万国共通ですね。
 
ベルリンファイル Blu-ray

ベルリンファイル Blu-ray

悪魔を見た プレミアム・エディション (2枚組) [Blu-ray]

悪魔を見た プレミアム・エディション (2枚組) [Blu-ray]

オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]

オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]

*1:韓国の人口の3割はキリスト教徒。同国の宗教事情については「韓国の宗教/戦後、キリスト教の驚異的な成長」(島田裕巳氏/宗教学者)を参照。http://online.sbcr.jp/2015/10/004119.html

*2:当該データは未だに提示されていない。