読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKの捏造“児童ポルノ”報道


 
これは日本ユニセフ協会ECPATなどが展開した「なくそう!子どもポルノキャンペーン」(2008年3月11日)と連動する形でNHKが放送したニュース番組「おはよう日本」の特集企画「児童ポルノ/求められる対策は」(同年3月14日放送)のキャプ画像です。*1
 
NHK側はこのDVDを秋葉原で違法販売されている児童ポルノと説明しました。なおパッケージを手にしているのは日本ユニセフ協会の広報担当者です。
 
実はこれ、児童ポルノではありません。
 
成人のAV女優が複数出演した“企画物”というジャンルのAVであり、現在もDMM.comなどで販売されています。実物を確認したところ、パッケージには経産省の認可を受けた自主規制機関「コンテンツ・ソフト協同組合」が審査した事を証明するシールが貼られており、バーコードもありました。
 

「児●ポルノ施行以前の映像集」(2006年8月25日発売)
※いずれも成人向け。キャプ画像もあるので注意!
DMM.comの販売ページ
http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=gzul001/
ジャケット画像 *2
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/gzul001/gzul001pl.jpg

 
つまりNHKは「捏造報道」をしたのです。
 

関連:宮崎勤事件】読売新聞記者による"真相"告白
http://mxixtxbx.hatenablog.com/entries/2014/10/01

*1:撮影はまんだらけ秋葉原店前で行われた模様。背後には当時まだ建設中だった住友不動産秋葉原ビルが映っていました。

*2:タイトルの「無修正」という文字が黒塗りされているのはDMMによる自主規制。