ニュース

漫画の性表現を規制した韓国で、性犯罪とは無縁の若者や女性が大勢逮捕される事態に

漫画などの性描写に対する規制を強化し、違反した作品の販売や所持まで処罰しようとする動きが依然として燻っていますが、数年前に同様の規制を導入した韓国では甚大な人権侵害が発生しました。 日本ユニセフ、ポルノ被害と性暴力を考える会、ECPAT、ライト…

「空想の子供の性的搾取描写を犯罪として扱え」 国連、日本に勧告

JKビジネスの禁止勧告 国連の特別報告者 (朝日新聞、2016年3月8日) http://www.asahi.com/articles/ASJ380FGVJ37UHBI035.html 日本のアニメや漫画、ゲームにも報告書は言及。それらの一部が「過激な児童ポルノ表現」を含んでおり、「日本は、空想上の子供…

「東亜の盟主たるには淫蕩気分を一掃することが急務」(日本キリスト教婦人矯風会)

戦前の表現規制が、初めは「エロ・グロ」の取り締まりから始まって、そのうちに新聞記事とか、写真や放送の規制にまで広がっていったことを、つい昨日のように思い出します(ちばてつや氏)。 児童ポルノ禁止法改悪案と都条例改悪案のたたき台作成に関与したE…

表現の自由守れ−戦前生まれの僕の警告 ちばてつやさん(漫画家)

表現の自由守れ−戦前生まれの僕の警告 ちばてつやさん(漫画家) (しんぶん赤旗、2013年7月21日) http://mitb.jpn.org/20130721_masterchiba.jpg 戦前生まれの僕から見ると、「これはこわいな」と思う流れが、世の中で最近じわじわと強まっている。とくに…

「批判噴出!児童ポルノ禁止法案のどこが問題か」(月刊「創」1998年7月号)

必ず目を通してほしい参考資料です。児童ポルノ禁止法で漫画等を規制し、作者や読者を処罰しようとする動きは草案の段階(1998年)からありました。その中心となったのは日本ユニセフ協会、ECPAT/ストップ子ども買春の会、森山真弓元議員(自民党)、清水澄…

自公、今国会で児童ポルノ禁止法強化へ

児童ポルノ規制強化法案提出へ (日経、2013年3月10日) http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0900O_Z00C13A3PE8000/ 自民、公明両党は9日、児童ポルノ画像の氾濫を食い止めるための児童買春・ポルノ禁止法改正案を今国会にも提出する方向で調整に入った…

表現弾圧に走った「無防備マン」の“護憲派団体”

会田誠展に「無防備マン」の護憲派団体が抗議、作品撤去を求める (Togetter、2013年2月3日) http://togetter.com/li/449395 人気美術家である会田誠氏の展覧会「会田誠/天才でごめんなさい」に対する抗議集会が、護憲派団体「無防備地域宣言運動全国ネッ…

自民党、青少年健全育成基本法案を選挙公約に

青少年の健全な成長に資する「青少年健全育成基本法案」の法整備など総合的な施策を推進します。 (「自民党選挙公約J-ファイル2012:188 家族の絆を深め、家庭基盤を充実させ、全員参加型社会の実現へ」33頁目、2012年11月21日)※PDFファイル 自民党選挙公…