読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林陽子弁護士と国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)について

ポルノ・買春問題研究会(APP研) ポルノ被害と性暴力を考える会 過去ログ

国連女子差別撤廃委員会のマンガ・ゲーム販売停止勧告/山田太郎参院議員
(BLOGOS、2015年10月24日)
http://blogos.com/article/140933/

国連女子差別撤廃委員会について、来年3月の再勧告を踏まえて、外務省及び内閣府からレクチャーを受けました。前回、ゲームやアニメの規制勧告を受けており、今回も対応によっては、再度同様の勧告がなされる可能性があります。

 
問題となっている国連女子差別撤廃委員会(CEDAW)の委員長は日本人。林陽子氏という規制派フェミニストです。前回(2009年)、CEDAWは児童ポルノ禁止法改正案に漫画やゲームなどに対する規制を盛り込むように勧告しましたが、その当時、彼女はCEDAW委員でした。
 

林陽子さん=日本人初の国連女性差別撤廃委員会委員長
毎日新聞、2015年9月30日)
http://mainichi.jp/articles/20150930/ddm/008/070/088000c

 
今後、各所で林陽子氏の名前が出てくる機会が増えると思うので、旧ブログのエントリ(2009年8月)を再アップします。