憲法を改正して漫画を規制?自民党の憲法改正推進本部長代行が語る

憲法草案に道徳は書き込まざるを得なかった(自民党憲法改正推進本部本部長代行)
(インタビューズ、2013年06月29日)
http://www.videonews.com/interviews/20130629_funada/

昨年公表された自民党憲法改正草案は、憲法の本旨である「国民の国家権力に対する命令」に加え、国民に対する義務規定や道徳規制などが含まれている。また、表現・結社の自由についても、「公益や公の秩序に反しない」という制限がつけられるなど、基本的人権の尊重を柱とする現行憲法の精神からも逸脱している点が指摘されている。
自民党憲法改正推進本部本部長代行を務める船田元衆院議員は「指摘されている問題点は今後も引き続き議論していく」としながらも、「道徳的側面は現在の日本人の規範意識が薄れてきている実情を考えるとどうしても書き込まざるを得なかった」と話す。また基本的人権をめぐっては、「憲法は多くの権利を保障する一方で、義務に関する規定が少ない。これが利己的な風潮に繋がっているのではないかと懸念している」という。


 
以下、船田元氏(自民党衆院議員)が委員長を務めた「国民の権利及び義務に関する小委員会」が発表した要綱。無茶苦茶です。
 

国民の権利及び義務に関する小委員会(自民党憲法起草委員会)
https://web.archive.org/web/20130328142252/http://www.kyodo-center.jp/ugoki/kiji/jimin-youkou.htm

表現の自由(21条)について
集会、結杜及び言論、出版その他一切の表現の自由は保障されるが、青少年の健全育成に悪影響を与えるおそれのある有害情報や図書の出版・販売は、「公共の秩序」に照らして、法律によって制限されうることを追加する。
「思想・表現の自由」は基本的人権の中でも最も重要な概念であるが、有害図書の氾濫という現状を考えるとその一部制限はやむをえない。

自民党憲法起草委員会は3日午後、党本部で「国民の権利・義務」小委員会(船田元委員長)を開き、「国防の責務」の盛り込みについて賛成論が多数を占めた。4月にまとめる党憲法改正試案に明記する方向で検討する。
表現の自由」(21条)については「青少年の健全育成に悪影響を与える恐れがある」場合に制限できるとしていたが、「有害情報は青少年に対してだけでない」との意見が出たため、制限の範囲拡大を含めさらに検討する。
「信教の自由」(20条)についても、国による玉ぐし料支出や宮中祭祀(さいし)への関与は認めるべきだとの考えに反対論はなく、「政教分離」原則を緩和する方向となった。

表現の自由」制限を検討 自民権利義務小委
共同通信、2005年2月28日)
http://www.47news.jp/CN/200502/CN2005022801002511.html

自民党憲法起草委員会の「国民の権利・義務」小委員会(船田元委員長)が、憲法21条の「表現の自由」「結社の自由」など基本的人権の制限を検討している。国の立場を優先して「国民の責務」を強調、個人の自由を抑制する国家統制的な志向が目立つ。制限の適用要件があいまいでメディア規制につながりかねないとの指摘も出そうだ。
同時に安全保障に関連する努力規定として「国防の責務」なども盛り込んだ。自民党がこうした規定を検討しているのは「権利乱用の是正と公共心の養成実現」に狙いがあるとみられる。11月に取りまとめる予定の党憲法改正草案の焦点に浮上してきた。船田氏が2月24日の小委員会に論点メモを提示。

f:id:mxixtxbx:20161126113855j:plain
 
船田氏は国家レベルで非実在青少年規制を行う「青少年健全育成基本法案」も推進。
 

青少年健全育成のための有害図書類・有害情報規制に関する法整備を求めることに関する請願
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1693212.htm

受理番号4739号 船田元君

 
改憲によって漫画やゲームなどを規制し、浄化するというのが船田氏のかねてからの主張です。
 
ドロドロの不倫劇の末に妻と子供を捨てて浮気相手と再婚した船田氏が振りかざす「青少年の健全育成」とは一体どんな代物なのか、実に興味があります。特に性表現規制に関して。
 

船田・畑結婚披露を痛撃
週刊ポスト、1999年6月4日)
http://web.archive.org/web/20020828070728/http://www.weeklypost.com/jp/990604jp/brief/opin_3.html

■船田氏前夫人の怒り

 GW中の電撃挙式・入籍で、畑恵参議院議員(37)との“政界失楽園愛”を成就させた船田元衆議院議員(45)。
 
 15日には早速、地元・宇都宮市で後援会の会員を前に、「3月離婚、5月結婚と期間が短いとか早いとかいわれているが、私は長い時間をかけて手続きしたつもりだ」と釈明。さらに30日には地元のホテルで新妻・畑議員のお披露目パーティーが予定されている。
 
 船田議員の後援会会員で同市市議のひとりはあきれ顔でこう話す。
 
「船田氏は畑氏にべったりだが、船田事務所のなかはガタガタだ。秘書は2人辞め、後援会会長、幹事長は12月に辞表を出し、後任も決まらぬまま。船田氏は前回の衆院選の際、前妻のるみさんを選挙応援に使わないといっていたのに、実際は畑と交際中にもかかわらず、るみさんを連れ出した。婦人部などは『だまされた』と激怒して、いまだに許せないといっている
 
 そのるみさん(45)は現在、高2の次女、中2の長男の2人の子供とともに実家などに戻ることもなく、宇都宮市内でひっそりと暮らしている。しかも、新居は船田邸から車でわずか10分ほどのところだという。エプロン姿で家から出てきた彼女に、話を聞いた。
 
――別れても船田氏の地元に残っているわけは?
 
「子供の学校のためです。子供が大きくなったら出ていくでしょうが、どうなるかはわかりません」
 
――やはり生きがいは子供?
 
「それは母親として当たり前じゃないですか」
 
――将来は子供を代議士にするつもりですか?
 
「それはないですよ。ならないですよ、なりたくても」
 
――先ほど息子さんにお会いしました。
 
「かっこいいでしょ」
  
そういうと、るみさんはうれしそうな笑顔を見せた。
 
――この前の衆院選の時に選挙の応援に出ましたが?
 
「いままで一度も出たことはなかったのですが、あれがはじめてでした」
 
――あの頃、船田氏と畑氏が関係あったのは知っていたのですか?
 
(無言でうなずく)
 
――それでも応援をした?
 
「あの時にはまだはっきり別れるという話はなかったですから」
 
――別れた理由のひとつに姑の昌子さんと仲が悪かったという人もいますが?
 
「そんなことはないです。つい最近もいろいろ話をしてきたほどですから」
 
最後にこう聞いてみた。
 
――5月30日に、地元で畑さんのお披露目パーティーがあるようですが?
 
(無言のまま)
 
――何とも思わない?
 
(激しい口調で)「何も思わない人間なんていないでしょ」
 
――ではどう思うのですか?
 
「ご想像にお任せします」
 
そういって立ち去る彼女の顔から笑顔は消えていた。

 

永田町での不倫ドラマ、船田氏、畑氏が入籍へ
(Radica、1998年6月27日)
http://ninjin.net/radica/HTML/980627.html

 写真週刊誌でスクープされて以来、話題になっていた自民党の船田元衆院議員と畑恵参院議員の不倫。その二人が、船田議員が離婚が完了しだい入籍を予定していることが明らかとなった。
 
 両議員とも早くから、ホームページを持っていたこと有名だが、今回の報道で特別なことはページにアップされていない。ただ船田議員のページには掲示板があって、なかなか面白いことが書き込まれている。
 
 さすがに入籍のことに関しては何も書き込まれていない。正式は発表待ちと言うところか。しかし、不倫に関しての発現はいろいろ残っていた。いま読んでみると、船田議員が発言を意識的に残していたとも思える。
 
「私は不倫だろうが何だろうが立派な政治をしてくれりゃ良いと思っていますが、政治家同士のオフィス・ラブってえのは、あまりにお手軽、 お気楽で頂けない。」
 
「先生は立派な人格者だが、チンポの躾はなってないようだ。我を通す前に、ご自分が公人であり、選挙民の代表であることをもう一度お考えになるべきだ。<略>今の関係を、今後もお続けになるおつもりなら、議員をお辞めになって、どうぞこの国から出ていって下さい。」
 
「皆さん船田さんの不倫に怒ってらっしゃるようですが、私は結構面白がってます。<略>同じ立場の女性と恋愛できる船田さんはえらいと思います。」
 
「政治のことを考えたら、スキャンダルなんて小さい、小さい。」
 
 選挙的には、船田元衆院議員と畑恵参院議員は大打撃だろう。元UNO!編集長花田氏は、二人は今回落選だと言い切ったらしい。 
 
 しかし、選挙がどうのこうのより、永田町が二人を認めたのが面白い。過去、昭和24年に不倫の末に、結婚した議員がいたと言う前例はあったようだ。下手なスキャンダルよりも、けじめを取った方がいいと判断した自民党幹部もいたのだろう。
 
 この結婚は是か非か。選挙がすべてを明らかにしてくれるだろう。

 
脛に傷がある政治家ほど声高に「青少年の健全育成」を唱えるもの。
 

道徳的側面は現在の日本人の規範意識が薄れてきている実情を考えるとどうしても書き込まざるを得なかった」(船田氏)

 
道徳的規範はご自分の白ブリーフにでも書いておけばよろしい。
 

失楽園〈上〉 (角川文庫)

失楽園〈上〉 (角川文庫)

失楽園 [DVD]

失楽園 [DVD]