読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性暴力ゲームの規制強化に向けた提言(自由民主党女性局、2009年07月14日)

ポルノ・買春問題研究会(APP研) ポルノ被害と性暴力を考える会

ちなみに、この記事に出てくる国際人権団体とは米国の「イクオリティ・ナウ」というフェミニズム団体であり、APP研の元代表の角田由紀子氏が監事をしています。
 

 

性暴力ゲームの規制強化に向けた提言
自由民主党女性局(2009年07月14日)
http://www.jimin.jp/jimin/wv2000/project/game/teigen.html

 現在、日本では、女性や子供に性的な暴力を与えることで性的興奮を得る凌辱的ゲームが存在し、インターネット等で流通している。本年2月には日本で製造された性暴力ゲームの存在がイギリス議会において問題視され、国際人権団体からも批判が寄せられている。
 
 問題となった性暴力ゲームは、業界団体による法的拘束力のない自主的な審査を経て流通しており、これを受け同団体の審査基準は見直されたものの、全面的に規制を実施する環境は整っていない状況である。
 
 そこで、自民党女性局は、勉強会にて議論を重ねた結果、女性や子供たちを守るための政策や取組みとして以下の項目を強く要請する。
 
一、 性暴力ゲームを含む有害ソフトやインターネットによる有害情報、有害サイト、有害メールを規制するために、罰則規定を含む法体系の整備を早急に図る
 
一、 インターネット等で性暴力ゲームを含む有害ソフトが不正に流通することのないよう、製造メーカーや流通業者への指導・管理体制を強化するなど流通防止対策を積極的に推進する
 
一、 インターネットにおけるわいせつな文書、図画や児童ポルノ等に対しては、インターネット接続業者によるブロッキング等の実施や、フィルタリングの利用促進などを図り、現行法内での取り締まりを強化することで、子供を取り巻く環境を改善する。
 
一、 青少年の健全な育成環境を整備するために「青少年健全育成基本法」を早期に制定し、総合的かつ効果的な青少年対策を推進する

自民党女性局(当時)>
 
山谷えり子 片山さつき 稲田朋美 石井みどり
 
中山泰秀 岡下信子 谷公一 西村明宏
 
寺田稔 赤池誠章 あべ俊子 飯島夕雁
 
井澤京子 井脇ノブ子 川条志嘉 木原誠二
 
木原稔 山本ともひろ 近藤三津枝 佐藤ゆかり
 
とかしきなおみ 永岡桂子 長島忠美 西本勝子
 
丹羽秀樹 広津素子 福岡資麿 藤野真紀子
 
牧原秀樹 山内康一 森まさこ 川口順子
 
神取忍 島尻安伊子 丸川珠代

 

自作自演集

自作自演集

[自作自演]エルガー: 序曲「コケイン」/エニグマ変奏曲/威風堂々(エルガー指揮)

[自作自演]エルガー: 序曲「コケイン」/エニグマ変奏曲/威風堂々(エルガー指揮)