「性暴力ゲームの規制に関する勉強会 〜女性や子供たちを守るために〜」 自民党女性局が子供たちを守るために立ち上がりました

野田担当相に有害サイト規制を要請
(nikkansports.com、2009年07月14日)
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20090714-518430.html

自民党山谷えり子女性局長は14日、野田聖子科学技術担当相と内閣府で会い、インターネットの有害サイトや性暴力描写のあるゲームソフトの規制強化を求める要望書を手渡した。
 
野田氏は「女性や子どもの人権が守られるよう留意したい」と述べた。山谷氏は有害サイトや性暴力ソフト規制のため、罰則規定を盛り込んだ法整備の必要性を指摘。製造業者や流通業者への指導強化も要請した。

参照自民党女性局「性暴力ゲームの規制に関する勉強会 〜女性や子供たちを守るために〜 自民党女性局が子供たちを守るために立ち上がりました
http://women.jimin.jp/activity/game/index.html

 
要望書を提出するにあたって自民党女性局で行われた勉強会には、講師として反ポルノを標榜しているポルノ・買春問題研究会(通称:APP研。外郭団体としてポルノ被害と性暴力を考える会がある)の関係者が招かれました。*1
 
APP研ジェンダーフリーの観点から皇室の解体を主張している極左*2らによるフェミニズム団体です。
 

参照ポルノ・買春問題研究会の皇室批判「天皇制はレイプに近い差別的権利」
http://d.hatena.ne.jp/mxixtxbx/20121226#p2

たとえば、法律で、男性は女性をレイプしてもいいが、女性は男性をレイプしてはならない、という奇妙な法律があったとしましょう。

ここで女性だけを「レイプ権」から排除しているのは、明らかに女性差別にもとづいています。
 
さて、それに対して提出するべき対案は、「女性にもレイプ権を」でしょうか?いやそうではないでしょう。対案は、誰もレイプしてはならない、です。
 
女性にレイプ権を認めることは、男女平等につながらないだけでなく、レイプされうる被害者を増やすことによって、すなわち、ジェンダー的な意味で「女性的」存在を増やすことによって男女平等をむしろひどくするものであると考えるべきです。
 
天皇のような差別的・特権的・反動的地位に就く権利というのは基本的に、レイプ権に近い差別的特権的「権利」であると思います。

参照:「漫画やアニメの子どもポルノの方がユダヤ人や黒人を人間以下の虫けらとして描き出すプロパガンダよりもはるかに有害」ポルノ・買春問題研究会
http://d.hatena.ne.jp/mxixtxbx/20130228

 
暴力描写や性描写の問題をめぐって極右議員と極左フェミニスト表現規制推進という目的で共闘するのはよくある事であり、極右の山谷えり子議員らが極左APP研を招いても不思議ではありません。
 
米国でも1980〜90年代にキリスト教原理主義系の極右議員とアンドレア・ドウォーキンなどの極左フェミニストへヴィメタルギャングスタラップ・ホラー映画・ハードコアポルノを猛バッシングして社会的な議論を巻き起こしました。
 

青少年に有害! 子どもの「性」に怯える社会

青少年に有害! 子どもの「性」に怯える社会

ポルノと検閲 (クリティーク叢書)

ポルノと検閲 (クリティーク叢書)

魔人伝

魔人伝